日常生活でのポイ活 PR

【還元率2.5%】ANA Payについて解説|楽天キャッシュにチャージ可能

ANA Payのタイトル
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
  • ANA Payから楽天Edyへのチャージは可能?
  • ANA Pay経由で楽天キャッシュに移行できる?
  • ANA Payのおすすめの活用方法は?

数多くの企業から〇〇Payとして、キャッシュレス決済サービスがリリースされています。当ブログでも楽天ペイやauPAYについて解説してきましたが、今回注目しているのはANA  Payです。

航空会社ANAから登場したキャッシュレス決済「ANA Pay」。単にANAマイルが使えるだけでなく、2024年時点での高還元率決済ルートに必須のツールとなっています。

キャッシュレス決済のチャージ方法は、新規開拓⇒閉鎖のいたちごっこですので、今回のお得なチャージルートもいつなくなるか分かりません。ポイ活は水物、使えるときに使うのが鉄則ですね。

Dr.うーろん

ポイ活とお得情報に目がない勤務医うーろんです。この記事は賞味期限が早いですが、ご参考いただければ幸いです。

近年のキャッシュレス決済のブームの中、ANA Payが注目されている理由とそのキャンペーン内容について詳しく解説します。

ポイントサイトのポイントインカム

6月30日まで限定のキャンペーン中

≫ポイントインカムの使い方

なぜ今、ANA Payが注目されるのか?

キャッシュレス決済サービスが増える中で、航空会社ANAが提供する「ANA Pay」は特に注目されています。

Dr.うーろん

その理由は、普段の決済でANAマイルが貯まる点にもありますが、もちろんそれだけではありません。

2023年から楽天Edyと楽天キャッシュの相互交換が始まりました。このことで、ANA Payを介したお得なチャージルートが開通。

納税や投資信託にも応用できる高還元率決済ルートで、ポイ活界隈で密かなブームとなっています。

ANA Payを利用して楽天キャッシュの還元率を2.5%にする方法

ANAカードを持っていない方にも、ANA Payを魅力的に利用する方法があります。楽天キャッシュにチャージする際に、ANA Payを経由することで、還元率がUPするのです。

楽天キャッシュとの連携|ANA Payの新たな出口戦略

2024年7月24日に、楽天Edyと楽天キャッシュの相互交換が開通(2024年1月20日時点では、Android端末のみ)。これにより、ANA Payの活用範囲がさらに広がりました。

楽天キャッシュは、楽天の発行する電子マネーです。楽天Edyも楽天の電子マネーですが、おサイフケータイが必要など、利用に制限があります。

一方で楽天キャッシュは、2023年からeL-QRコードに対応した楽天ペイで使えます。住民税など地方税の納税も可能。楽天キャッシュをいかに高還元率で手に入れられるかが、焦点となっています。

楽天ペイを活用した納税については下記記事もご参照ください。

楽天ペイの記事のタイトル
【還元率2%】2023年の請求書支払いは楽天ペイがお得|おすすめチャージ方法4選 お得な決済方法で日々の支払いをしたい 楽天期間限定ポイントの使い道が見つからない 請求書支払いでポイント還元を受けたい...

還元率2.5%|NLG+au Payを利用

還元率2.5%を実現する具体的な手順は以下の通りです。

NLG(MC)⇒au Pay(プリペイド)+2.0%
au Pay(プリペイド)⇒ANA Pay+0%
ANA Pay⇒楽天Edy+0.5%

NLGとは、三井住友カードゴールドNLのことで、下記の条件を満たすことで、年会費無料かつ最大+2.0%の還元が期待できます。

三井住友NLゴールド
  • 基本還元率…+0.5%
  • 年間100万円利用…+1%
  • リボ払い…+0.5%

NLGカードからau Payにチャージするには、以下の注意点もあります。

  • 国際ブランドはMastercardのみ
  • 月5万円が上限
  • au Payプリペイドカードの発行しApple Payへの登録が必要

2024年2月13日より、残念ながらau Pay⇒ANA Payがポイント付与対象外になってしまいました。これにより総還元率は3%から2.5%に低下。

ANA Payから楽天Edyのチャージで+0.5%の還元が得られます。

楽天Edyは楽天キャッシュと相互交換することで、還元率2.5%の楽天ペイの完成です。

三井住友カードゴールドNLは、ポイントサイトで2,000-3,000円分の案件で出ています。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

≫ハピタスの解説

ポイントサイトの利用は気が引けるという方は、こちらのリンクからの登録で2,000円分のVポイントがもらえるキャンペーンも実施中ですので、ご利用ください。

紹介キャンペーンで2,000円

還元率2.5%|三井住友Olive+Kyashを利用

還元率は2.5%に落ちますが、今流行りの三井住友Oliveでも高還元のルートがあります(Oliveは国際ブランドがVISAに限定されているため、au Payのルートは使えません)。

NLG or Oliveゴールド⇒Kyash+2.0%
Kyash⇒ANA Pay+0%
ANA Pay⇒楽天Edy+0.5%

今度は中継にキャッシュレス決済サービス「Kyash」を使います。最大月間100p(+0.2%)の還元がありましたが、2024年1月25日よりANA Payはポイント付与の対象外となってしまいました。

Oliveは三井住友ナンバーレスカードと同系列のカードですが、給与振込で毎月200ptなど魅力があります。

Olieveのタイトル
【紹介コードあり】ポイント還元率最大20%|三井住友銀行Oliveのキャンペーンを攻略 Oliveってどんなサービスなのか分かりにくい… 新規発行キャンペーンの内容は? すでに三井住友NLカードを持っている...

最近ではポイントサイトのOliveで3,000ptの案件も出てくるようになりました。

ANA Pay⇒楽天Edy⇒楽天キャッシュの設定

ANA Pay⇒楽天Edyにチャージするには、楽天会員の設定からANA Payバーチャルプリペイドカードを登録します。

≫楽天会員の設定変更

通常は登録した翌日正午以降に取引が可能になります。また登録してから30日間、1日のチャージ上限額は1万円です。

ANA Pay⇒Edyは挙動が不安定という報告もあります。実際に私も数回利用したところで、セキュリティーロックがかかりました。

Dr.うーろん

ANA Payバーチャルカードの名義が、ANA PAY MEMBERになっているのが原因のようです。

楽天Edyへ「ANA Payのチャージができなくなりました」と問い合わせたところ、すぐに対応して頂けました。私のケースでは、翌日から使えるようになりました。

ANA Pay経由の活用方法と注意点

ANA Pay経由のチャージ方法で注意すべき点は以下の通りです。

  • Kyashへのチャージは月額上限5万円
  • 楽天Edyと楽天キャッシュの相互交換はAndroid端末のみ
  • ANAPay⇒楽天Edyは早期封鎖懸念

Kyashの還元は月100円分なので、月額上限は5万円まで。それ以上は還元率が下がります。

楽天Edyと楽天キャッシュの交換は、現在のところiPhoneは対応していません。今後の更新を期待しています。

Amazonギフト券の購入で3.5%還元

出口戦略として楽天キャッシュの他に、Amazonギフト券も選択肢として優秀です。

Amazonギフト券は単にAmazonで商品を購入するだけでなく、Amazon Payで利用することで国税やふるさと納税の支払いに充てられます。

【確定申告】Amazon Pay1択?お得な国税の支払い方法5選 毎年2月は確定申告の季節。還付があるならいいですが、納付しなければならないときには、なんだか気分も下がります。 どうせ支払う税金...

NLGカード⇒Kyash⇒ANA Pay⇒TOYOTA wallet⇒Amazonギフト券のルートでは、3.5%の還元率でAmazonギフト券が購入することができます。

これでAmazon Payで納税すれば、実質納税分の3.5%が手元に帰ってくることになり、大変お得です。

【確定申告】Amazon Pay1択?お得な国税の支払い方法5選 毎年2月は確定申告の季節。還付があるならいいですが、納付しなければならないときには、なんだか気分も下がります。 どうせ支払う税金...

ANA Pay新規登録時のお得なキャンペーン

ANA Payでの実施されている新規登録キャンペーンをまとめます。

2024年2月29日まで3つの特典が用意されています。

≫ANA Payキャンペーン公式

  • 新規登録かつANA Pay3,000円以上決済で500マイル
  • ANAカードからANA Payへ5,000円以上チャージで300マイル
  • ANAカード(JCB)に新規登録かつ3万円以上チャージで4,200マイル

「ANAカードからANA Payへのチャージで300マイル」は、すでにANA Payを登録している方も対象です。

キャンペーンにエントリーするまでの手順

ANA Payのキャンペーンは、上記の条件を満たせば、勝手にマイルが付与されるものではありません。以下の手順でキャンペーンへのエントリーが必要になります。

  1. ANAマイレージクラブへの入会
  2. ANAマイレージクラブアプリのダウンロード
  3. ANAPay会員登録
  4. キャンペーンページでの参加登録

ANAマイレージクラブへの入会

ANAマイルを貯めるには、ANAマイレージクラブへの会員登録が必要です。すでにANAを利用したことがあれば、またANAカードを発行していれば、入会済みの方も多いでしょう。

≫ANAマイレージクラブへの会員登録

ANAマイレージクラブアプリをダウンロード

ANA PayはANAマイレージクラブアプリから利用することができます。

ANAマイレージクラブ
ANAマイレージクラブ
開発元:ANA (All Nippon Airways)
無料
posted withアプリーチ

ANA Pay会員登録

ANAマイレージクラブアプリを起動すると、会員番号の入力に移ります。ログイン後、画面下の「Pay」マークをタップ。

電話番号とメールアドレスの認証を経て、ANA Payの会員登録は終了です。さらにタッチ払いの設定では、Apple PayやGoogle Payの設定ができます。

Apple Payで設定すると上図のように、バーチャルプリペイドカードが発行されます。

キャンペーンへのエントリー

最後にANAの公式サイトでキャンペーンへのエントリーが必要です。

こちらのページからエントリーすることができます。

≫ANA Payキャンペーンにエントリー

過去のキャンペーン(現在は終了しています)

2023年8月31日までの新規入会キャンペーンは、最大1万マイルがもらえるという大変魅力的な内容でした。1万マイルの条件を端的示すと以下の2点です。

  • ANAカード(VISA・Mastercard)でANAPayに6万円以上チャージ
  • ANAPayで1万円以上タッチ決済する

これで1万マイルは破格です。ANA Payキャンペーンの特典は、次の3つのポイントに分かれます。

ANAカードから
ANA Pay3,000円以上のチャージ
300マイル
ANA Payタッチ決済最大800マイル
ANAカード(Visa/Mastercard)から
ANA Payへチャージ
最大8,900マイル
合計最大10,000マイル

以下詳細について解説します。

タッチ決済で獲得できるボーナスマイル

コード決済ではなく、タッチ決済をすることで、以下のようなボーナスマイルがもらえます。

3,000円以上の決済200マイル
5,000円以上の決済500マイル
10,000円以上の決済800マイル

ANA Payのタッチ決済は、iDやVISAタッチ決済が可能な店舗で利用することができます。

≫ANA Payタッチ決済の使える店舗

コード決済は対象外なので、注意が必要です。一方でANA Pay登録時に発行されるバーチャルプリペイドカードでの決済分はキャンペーンの対象です。

バーチャルプリペイドカードは、クレジットカードのように利用できるため、出口戦略が簡単になりました。

ANAカードからのチャージで大量マイル獲得

特定の金額をANAカードからチャージすることで、さらに多くのボーナスマイルが獲得できます。

ANA Payへのチャージ対象カードブランドはVISA、Mastercard、JCB、Dinersの4つ。AMEXは対象外です。

3,000円以上の利用で300マイルがもらえます。

さらに国際ブランドのうちVISA/Mastercardブランドでチャージすると以下の特典が追加されます。

3万円以上のチャージ3,900マイル
5万円以上のチャージ6,900マイル
6万円以上のチャージ8,900マイル

いずれも、3,000円以上のタッチ決済は必須です。

ANA Payキャンペーンの注意点|最大マイル獲得の秘訣

ANA Payキャンペーンでしっかり1万マイルをもらうために、以下のことに注意しましょう。

  • VISA/Mastercard以外のブランドのカードではマイルが激減
  • 期間中に6万円チャージ、決済は1万円でOK
  • 一度チャージした金額のキャンセルは不可
  • 家族カード・法人カードは対象外

JCB、DinersブランドのANAカードからも、ANA Payにチャージは可能です。ただし、特典は1,100マイルと大幅ダウンしてしまいます。

お得なキャッシュレス決済は「使えるときに使う」が鉄則

キャッシュレス決済のサービスは、新規開拓と閉鎖の繰り返しとなっています。そのため、有効な期間内に最大限利用することが求められます。

ANA Pay⇒楽天Edyのチャージも、時間の問題という見方が強いです。お得なうちに使い切りましょう。

以上皆様のポイ活にご活用いただければ幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA