ポイント活用方法

【還元率UP】m3でポイ活するなら作るべき?m3.comカードの魅力を解説

m3.comカードのタイトル
  • キャンペーン中のm3カードがちょっと気になる!
  • m3カードの一般・ゴールドの違いは?
  • もっているとどんな特典が受けられるの?

皆さんはm3.comを利用されていますか。m3では医療情報へのアクセスでポイントがもらえます。

Dr.うーろん

日々ポイ活に勤しむうーろんです。m3.comは国内最大級の医療従事者専用サイト。私は月5,000円を目標にしています。

貯めたm3ポイントの還元率は1pt=4.4円相当で各種マイル・共通ポイントに交換可能。さらにm3カードを保有すると1pt=4.58円に還元率UPします。

m3を利用していてると出てくるm3.comカードの広告。気になっていた方も少なくないはずです。

「年会費有料のカードは論外!」という節約上手な方も、使い方によってはお得になるケースもあるのでぜひご覧ください。

  • カード発行で通年プラチナステータス
  • 年間7,666pt以上のm3ポイントを稼げば一般カードの利用がお得
  • 年間210万円分をm3カードで決済するならゴールドカードがお得
  • 一般カードとゴールドの違いは最大還元率と付帯保険

一般カードをお得に使える方は、割と多いのではないでしょうか。私はm3ポイントの還元率を上げるためだけに発行することにしました。

m3.comカードの基本スペック

m3.comの入会キャンペーン

m3.comカードは、m3会員が申し込める医師限定のクレジットカード。一般カードとゴールドカードの2つが用意されています。ブランドはJCBのみです。

まずはカードの基本情報を比較します。m3ゴールドカードと年会費が同じ楽天プレミアムカードも載せました。

カードm3.comカード
一般
m3.comカード
ゴールド
楽天カード
プレミアム
年会費1,375円11,000円11,000円
家族会員
年会費
440円1名無料、2名から
1,100円
550円
会員資格本人または配偶者に安定収入がある医師本人に安定収入がある医師誰でも(審査はあり)
ETC無料無料無料
ブランドJCBのみJCBのみJCB
VISA
マスターカード
アメリカンエキスプレス
ポイント還元率(基本)0.458%0.458%1%
ポイント還元率(最大)0.915%1.37%2%
海外旅行保険3,000万1億5,000万
国内旅行保険3,000万5,000万5,000万
ショッピング保険100万500万300万
空港ラウンジ

クレジットカードとしては一般・ゴールドともに平凡なスペックですね。

1,000円利用につきm3ポイントが最大3pt付与されるので、最大還元率1.37%ということになります。

※m3カードを持つことでm3ポイントの交換レートが4%UPとなり、1pt=4.58円にUP。

m3カードの特典

m3カードを持つことで4つの特典を受けられます。

  • m3ポイントの還元率が4%UP
  • 会員ステータスが常時プラチナにUP
  • カード利用でポイント還元
  • 招待日和の利用料が割引

それぞれ解説します。

m3ポイントの還元率4%UP

m3カードを持つ最大のメリットはこれでしょう。以下の交換先へのレートが4%アップします。

  • Amazonギフト券
  • Tポイント
  • dポイント
  • 楽天ポイント
  • iTunesギフトコード
  • M2PLUSポイント
Dr.うーろん

とくに交換レート1pt=4.4円のAmazonギフト券、Tポイント、dポイントに交換する方は多いと思います。

≫m3ポイントのおすすめ交換先

Amazonギフト券、Tポイント、dポイントへの交換優遇率は次の通りです。

10,000円の交換に必要なポイント
2,275⇒2,184pt(91ptお得)
5,000円の交換に必要なポイント
1,160⇒1,114pt(46ptお得)

交換レートは1円=4.58円となります。

会員ステータスがプラチナにUP

m3のステータス制度

m3ポイントをお得に利用するなら、ステータスをプラチナに保つことが欠かせません。通常は1ヶ月間に600青a(ステータスアップアクション)を集める必要あります。

m3カード保有者は自動的に会員ステータスがプラチナに固定されます。

≫m3のステータス制度とは

便利な特典ですが、いくつか注意点があります。

  • m3カード入会以前の月はプラチナステータスにならない
  • 毎月もらえるボーナスアクションは加算対象外
  • 家族カードでは対象にならない
Dr.うーろん

カードの特典のみでプラチナステータスになっても、MR数×20aのボーナスアクションはもらえません。

m3カードを有効活用できる層は、すでにある程度のm3ポイントを貯めています。この特典に頼らずとも、プラチナステータスに必要なアクションは貯められるでしょう。

カード利用でポイント還元

m3カードは年間利用額に応じてカードの還元率が上昇します。

年間利用額1,000円毎に付与される
m3ポイント
還元率
50万円未満1pt0.458%
50-100万円1.5pt0.684%
100-200万円2pt0.915%
200万円以上3pt1.37%
(ゴールドのみ)

メインカードにしないと、なかなか年会費200万円以上を達成するのは困難。年会費無料の楽天カードが1%還元なことを考えると、もう少し頑張って欲しいですね。

招待日和の利用料が割引

招待日和のロゴ

招待日和は会員制のホテル・レストラン優待サービス。国内外の選ばれた400の有名店で該当のコースメニューを予約すれば、1名無料で利用できます

招待日和の特典

m3カードの保有者は以下のどちらかを選べます。

  • 通常の年会費33,000円、特別価格23,540円に割引
  • 1回の予約で手配料3,300円支払う代わりに年会費無料

正直なところ私はあまり利用しないかなと思います。気軽に行ける距離にお店がないというのも理由です。

≫招待日和の店舗一覧

余談ですが、招待日和はアメックスゴールドカードの特典で年会費無料で利用できます。

損益分岐点は年間7,666ptのm3ポイント

特典分がm3カードの年会費を超える損益分岐点を計算します。

一般カードの年会費1,375円以上の利益を狙うなら、年間7,666pt(3万5,000円相当)のm3ポイントの交換が必要です。

内訳は2,184pt(10,000円分)×3+1,114pt(5,000円分)、差額319pt(1,461円分)お得に。

またゴールドカードになっても交換レートの優遇率に差はありません。一般カードよりゴールドカードがお得になるのは、ショッピング利用の還元が年会費を超えるときです。

  • 年会費の差額:9,625円
  • 還元率の差:0.458%

損益分岐点は、9,625円÷0.458%=210万円。年間210万円をm3カードで決済するときに始めてお得になります。

Dr.うーろん

日常の決済は他のカードがお得ですし、m3ゴールドカードにするメリットは感じられません。

一方で一般カードの損益分岐点「年間7,666ptのm3ポイントを交換する」はかなり現実的な数字です。

m3カードの入会キャンペーン

例年年末から年度末にかけてm3カードの入会キャンペーンが実施されます。

直近は2021年12月16日~2022年3月31日までに申込み、2022年4月30日までにカードを発行するという条件でした。

キャンペーン特典は一般カード7,575円、ゴールドカード21,500円付与。内訳は以下の通りです。

カード一般ゴールド
年会費無料1,375円11,000円
ショッピング
5万円以上利用
2,100円
(4,950a)
5,500円
(12,800a)
Web講演会500円
(1,200a)
1,000円
(2,350a)
Docpedia回答100円
(250a)
200円
(500a)
m3 ToDo Plusログイン200円
(500a)
500円
(1200a)
招待日和
手配料無料
3,300円3,300円
合計7,575円21,500円

実際にもらえる特典は、年会費無料分と招待日和手配料無料分を除きます。10a=1pt=4.58円のレートで計算すると以下の通りです。

カード一般ゴールド
純粋な特典
(アクション)
6,900a16,850a
1pt=4.58円で計算3,160円7,717円
  • 一般カード:3,160円
  • ゴールドカード:7,717円

これがカード発行と条件達成でもらえる特典分ということになります。

実際に発行してみることにしました

  • 一般カード発行で3,000円分のポイントがもらえる
  • 月5,000円分のm3ポイントを稼げば、6万円×4%=2,400円分の優遇
  • 年会費1,375円を引いても1,000円お得

発行する価値は十分あると考え、2022年のキャンペーンを利用して一般カードを申し込んでみました。

Dr.うーろん

他に決済に充てたいカードもあるのでゴールドカードは見送ります。

カードの申し込みは、m3.comカードの紹介ページからJCBのページにアクセス。

m3カードの申し込み

JCBの登録フォームに従って記入すれば完了。登録完了後2-4週間で届く見込みです。5分程度の作業で登録できました。

発行するとポイント交換画面の右側に「m3.comカードご利用明細確認」のボタンが表示されるようになります。

2022年4月~8月の期間で目標の損益分岐点を超えました。年会費分の4%UPは手に入れられたので、今後はm3ポイントを1pt=4.58円として計算します。

まとめ

m3.comカードのメリットについて解説しました。

ゴールドカードを使いこなすのはなかなか難しいですが、一般カードであれば条件は意外と簡単です。

カードをお得に利用する損益分岐点は以下の通り。

一般カード
年間7,666pt以上のm3ポイントを貯める
ゴールドカード

上記に加え、年間210万円以上をm3カードで決済

年末から年度末にかけて新規入会キャンペーンも実施されます。m3でのポイ活に取り組んでいれば、カードの発行を検討してみてはいかがでしょうか。

m3ポイントの効率的な貯め方はこちらもご参考ください。

m3ポイントの貯め方
【医師のポイ活攻略】m3.comのポイントの貯め方を全て解説|月5,000円を稼ごう!皆さんは医療情報サイトm3.comを利用していますか?m3.comのシステムは少し複雑ですが、月5,000のポイントが稼げます。この記事ではm3ポイントの貯め方のコツを解説しています。m3のポイ活に興味がある方はぜひご覧ください。 ...

≫m3ポイントの貯め方を徹底解説

貯めたポイント利用法についてはこちらもご参考ください。

【2022年9月】医療ポイントサイト交換先の最適解|おすすめの活用方法を解説!医療サイトで貯めたポイントの交換先に迷ったことはありませんか。せっかく貯めたポイントを有効活用するには、どの交換先が最適?この記事ではおすすめの交換先とその活用法をまとめました。Amazonギフト券が余っているという方も読んでみて下さい。...

≫m3ポイントの活用法を徹底解説

以上、皆様のポイ活に役立てて頂ければ幸いです。