医師のポイ活

【招待コードで1,500円】臨床支援アプリHOKUTOは医師業務を効率化

HOKUTOのタイトル
  • 臨床で役立つ、おすすめのアプリを知りたい!
  • HOKUTOアプリの評判がいいみたい。実際の使い勝手はどう?
  • せっかくなら、HOKUTOアプリをお得に導入したい!

皆さんは臨床支援アプリHOKUTOをご存じですか。HOKUTOは、マッチングに関する情報アプリも運営しているので、知っているという研修医の先生も多いかもしれません。

HOKUTOは、日常診療での面倒な調べものや計算をひとまとめにしてくれた、「ちょっと痒い所に手が届く」アプリです。完全無料で使えるので、お試しにダウンロードしてみて損はありません。

Dr.うーろん

医師のポイ活・お得情報を発信している泌尿器科医うーろんです。HOKUTOは、医薬品情報やガイドラインが瞬時に検索できて重宝しています。

しかも、招待コードを利用すれば、初回登録時に1,500円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中。この記事では、臨床支援アプリHOKUTOの便利な機能とその使い心地を紹介します。

株式会社HOKUTOが開発

臨床支援アプリ「HOKUTO」は、株式会社HOKUTOによって開発されました。会社の概要をまとめてみます。

株式会社HOKUTO

設立2016年3月
資本金1億円
沿革2018年1月 HOKUTO resident 開発
2019年11月 臨床支援アプリHOKUTO開発
2021年11月 医師会員数3万人突破
2021年12月 総額8.25億円の資金調達
2022年5月 医師会員数5万人突破

HOKUTOは、IT技術で医療業務の負担軽減を目指す、スタートアップ企業です。取締役には医師も在籍しており、実臨床に即した製品開発に取り組んでいます。

HOKUTOのメイン事業は次の3つです。

  • HOKUTO 臨床支援アプリ
  • HOKUTO resident 研修医口コミアプリ
  • HOKUTO Marketing Solution 製薬会社の医薬品プロモーション支援

事業収益は、プロモーション支援に見込まれています。HOKUTOにとっても、いかに医師会員を増やすかが、今後の事業拡大の鍵になりそうです。実際にHOKUTOの登録キャンペーンにも、力を入れています。

Dr.うーろん

2022年は知人紹介キャンペーンが強化されました。

2022年5月時点で、HOKUTOの医師会員数は5万人。m3やケアネットなど他の医療情報サイトのような事業モデルとなれば、ポイント提供も始まるのではないかと淡い期待を寄せています。

HOKUTOの機能|日々の業務を手厚くサポート

HOUKTOの機能

臨床支援アプリHOKUTOは、様々な情報収集・検索・計算機能を搭載。スマホにアプリを入れておけば、ちょっとした調べ物に便利です。外来や救外、病棟など、医局に戻る暇がないときにも重宝します。

アプリで利用できる機能はこちら。

HOKUTO
オリジナルコンテンツ
外部サイトへのリンク
薬剤情報
表・計算
抗菌薬
レジメン
ERマニュアル
ガイドライン
Up To Date
Pubmed

ホーム画面に並ぶ8つの機能は、HOKUTOアプリオリジナルのコンテンツと、外部サイトへのリンクに大別されます。

「ガイドライン」は幅広い分野を網羅

HOKUTOのガイドライン

泌尿器科のマニアックなガイドラインもあるので、かなりの数を扱っていることが伺えます。

ガイドラインは、HOKUTOアプリ本体に収録されている訳ではなく、外部サイトへのリンクが掲載されています。リンク先で閲覧ができる仕組みです。

最新のものかどうか判断する必要はあります。新しいガイドラインでは、申請中と表示され、リンクが踏めないものもあります。

「薬剤情報」で添付文書を素早く確認

HOKUTOのDI

外来中に、次のようなお願いをされたことはありませんか。

「あの黄色くて細長い薬は余ってるから、今日はいらないよ」

これが結構ストレスなんですよね。薬剤師に聞けばすぐ教えてくれますが、忙しい外来中だとそれすらも手間です。

HOKUTOの検索機能で薬剤名を入力すれば、添付文書に加え、薬剤の画像も表示。スマホを見せながら「ああベタニスですね」と一緒に確認が取れます。

HOKUTOの薬剤名検索では、インクリメンタルサーチを採用。文字を入力するごとに検索結果が更新されるので、目的の薬剤を素早く見つけられます。

「表・計算」では各種スコアリングも充実

HOKUTOの表・計算

臨床に役立つ計算ツール・スコアリングを完備。電子医学書籍M2PLUSのビューワーアプリ「M2 Launcher」と似ていますが、各種疾患のスコアもある分、HOKUTOの方が充実しています。

逆に数が多すぎて、どの計算式があるのか瞬時には分かりにくいというデメリットはあります。参考までに、M2 Launcherの計算機能と比較してみました

M2 Launcher搭載の計算機能HOKUTOでの採用
小児薬用量計算×
心胸郭比計算:CTR×
西暦和暦変
推算GFR(eGFR)の計算
Ccrの計算
Ccrの計算(血清Crからの推測)
インスリンインデックス(I.I)の計算
インスリン抵抗性指標の計算
高Na血症での水分欠乏量の計算×
低Na血症での水分過剰量の計算×
血清Naの補正の計算
FENa(Na排泄分画)の計算
FEk(K排泄分画),TTKGの計算
Posm,OG(Osmolar gap)の計算
ACCRの計算×

CCrやγ計算はもちろん、泌尿器科分野ではD’Amico分類やIPSSも便利です。

「抗菌薬」で腎機能低下時の投与量を確認

HOKUTOの抗菌薬

腎機能別の抗生剤投与量を参照することができます。

サンフォード感染症治療ガイドと、薬剤性腎障害診療ガイドラインに両者の推奨投与量を掲載。透析時への対応も安心です。その場でCCrの計算もできます。

サンフォード感染症治療ガイドの販売価格は、4,400円税込み。HOKUTOで閲覧すれば節約にもなりますね。ただし最新版になるまでは、タイムラグがあります。

2022年8月5日に発売された2022年版は、2022年11月17日時点ではまだ実装されていませんでした。

「レジメン」は取扱い強化中

HOKUTOのレジメン

ケモの投与量やスケジュールが確認できます。泌尿器科領域は、残念ながらドセタキセルのみ。

Dr.うーろん

MVACやPEBも欲しいです!

現在強化中とのことなので、今後に期待ですね。

「ERマニュアル」で当直時も安心

HOKUTOのERマニュアル

聖路加国際病院の救急医が監修するマニュアルです。疾患別・症候別にまとまっているので、困ったときにすぐに調べることができます。

当直時には他科の知識が必要になることも多く、助かります。

「CTCAE」で有害事象検索

HOKUTOのCTCAE

CTCAE(Common Terminology Criteria for Adver Events)、有害事象共通用語基準です。日本語訳ライセンスも取得しています。

「Pubmed」「UpToDate」で質の高い情報へアクセス

HOKUTOの外部サイトへリンク

Pubmedでの論文検索や、UpToDateの検索画面への外部リンクです。Google検索でも出てくるページですので、HOKUTOから利用する意義は大きくないでしょう。すべての機能を利用するためには、別途契約が必要です。

横断検索機能が優秀

上記の機能をさらに便利にしてくれるのが、「横断検索機能」です。アプリ上部の検索バーにキーワードを入力すれば、それぞれの機能の該当するページを複数表示してくれます。

HOUKTOの横断検索機能

例えば抗生剤名で入力すれば、抗生剤のDIだけでなく、サンフォードガイド等もまとめて表示。知りたい情報にすぐにアクセスできます。

ノートを使えばメモ代わりに

HOKUTOで調べた情報はノートに残せます。メモとして残すこともできますし、「ポスト」として他のユーザーと情報共有することもできます。

Evernoteとの同期にも対応。ノートの機能はWeb版でも利用できます。

HOKUTOの始め方|画像付きで解説

HOKUTOは一部Web上で使える機能もありますが、基本的にはアプリで操作します。アプリはandroid版とiOS版両方の用意があります。

まずはアプリをダウンロード

HOKUTO(ホクト)-医師向け臨床支援アプリ
HOKUTO(ホクト)-医師向け臨床支援アプリ
開発元:HOKUTO CO.,LTD.
無料
posted withアプリーチ

アプリを開くと次の画面に移動します。

HOKUTOの初期画面

新規登録から登録フォームに移動します。

HOKUTOの登録方法

続いて本人情報の入力画面に映ります。キャンペーンの特典のために必要な招待コードもここで入力します。

入力する情報

  • 職種
  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 卒業大学
  • 診療科第一標榜
  • 医師免許取得年
  • 勤務先
  • 招待コード
  • メールアドレス

上記を入力するとアプリの通知設定、ガイダンスへと移ります。

HOKUTOの登録キャンペーンで1,500円獲得

HOKUTOは、新規登録時にAmazonギフト券を配るキャンペーンを実施しています。以前は紹介した医師にのみ3,000円分がもらえました。2022年8月以降は、登録者と紹介者、ともに1,500円分がもらえる仕様です。

HOKUTOの紹介キャンペーン

  • ユーザーごとに招待コードを用意
  • 会員登録時のコード入力で特典対象
  • 特典はAmazonギフト券1,500円分
  • 登録者・紹介者ともに獲得

知人医師に紹介する場合は、ホーム画面のキャンペーンバナーをタップします。

近くに招待してくれる医師がいないという方は、私の招待コードW3JZZをお使いください。お得にHOKUTOを始められます。

2022年の8月から9月にかけて、キャンペーンが強化されました。過去のキャンペーンの詳細も参考に載せておきます。

【終了しました】Medureの会員特典

MedureはMCIリサーチと共通のIDで利用できる医療情報サイトです。Medure自体も3,000円分の招待キャンペーンを実施しています。

2022年9月27日にMedureよりHOKUTOに使えるキャンペーンコードが送られてきました。利用規約に触れそうなので、このサイトでは掲載できませんが、Medureに登録することで送られくるようです。

Medureのコードを利用すると3,000円分のAmazonギフト券がもらえます。

Medureの詳細については下記記事もご参考ください。

Medure

≫医療情報サイトMedureの詳細

【終了しました】ケアネットの会員特典

ケアネットには電子カルテや不動産投資の広告をみることでポイントがもらえる「会員特典」のページがあります。

7月1日からHOKUTOの広告も追加されました。

ケアネットの会員特典にHOKUTOが登場

≫ケアネット会員特典(公式)

9月30日までの期間限定で次のキャンペーンを実施していました。

  • 対象期間:2022年7月1日~9月30日
  • ケアネットの専用の招待コードを入力
  • 会員登録で登録者に3,000円分のAmazonギフト券

周りに招待してくれる医師がいないという方もこのキャンペーンを利用すれば、3,000円がもらえます。

ケアネットの利用方法については次の記事もご参考ください。

ケアネットポイントの稼ぎ方
【医師のポイ活攻略】ケアネットポイントの貯め方をすべて解説|月5,000円稼ごう! 医療情報サイトCareNet.com(ケアネット)でポイ活をしていますか。ケアネットはポチポチするだけで月4,000円相当のポイントが稼げるおすすめのサイトです。ケアネットで効率よくポイントを稼ぎたい方はぜひご覧ください。...

≫医療情報サイトケアネットとは?

【終了しました】知人紹介がグレードアップ

2022年8月に医師紹介キャンペーンが強化されました。

  • 対象期間:2022年8月1日~8月14日 
  • 知人医師の招待コードを入力
  • 紹介者・登録者ともに3,000円分の特典
  • 登録医師が血液内科・呼吸器内科・消化器内科なら紹介者5,000円・登録者20,000円分の特典

診療科が限られますが、登録だけで20,000円と非常に強力なキャンペーン。「当該科の専門医かどうか病院HPや学会HPで確認できた場合のみ増額の対象」と公式では明記されています。

HOKUTOの口コミ・注意点

無料で使えるアプリとして、私自身かなり満足しています。より客観的な意見もご参考頂けるよう、他のユーザーの評価も調べてみました。

高評価の意見

  • ノートの機能が便利、計算機能などにリンクも貼れる
  • オフラインでも使える
  • ノートを知人医師と共有しており便利

低評価の意見

  • HOKUTOのノートからEvernoteへのアップロードができない
  • ○○の計算・スケールが欲しい
  • Web版で利用しにくい

HOKUTOアプリの使い心地に関する評価は高いようです。まだまだ網羅されていないガイドラインや計算ツールはあるので、今後のHOKUTOの成長に期待しています。

HOKUTOを利用する上での注意点は、個人情報の扱いです。

Dr.うーろん

HOKUTOでは医師情報の一部を提携企業に開示すると明記してあります。

開示される情報は次の通り。

  • 生年月日
  • 氏名
  • 勤務先
  • 医療関連資格の有無・内容
  • 医師免許取得年
  • HOKUTOサービス上のコンテンツへのアクセス状況

個人情報の取扱いに抵抗のある方は、登録を控えておいた方が無難でしょう。

まとめ

臨床支援アプリ「HOKUTO」について解説しました。

臨床におけるちょっとした調べ物に役立つアプリです。会社の発展とともに使える機能が、増えていくでしょう。今後医師紹介キャンペーンも強化されていくことも予想されます。

現行HOKUTOでポイントがもらえるのは登録時のみですので、継続的なポイ活はできません

登録のみでポイントがもらえる各種医療系サイトのキャンペーンについては、以下の記事もご参考ください。

医師のポイ活 紹介キャンペーン
【2023年2月】医師のポイントサイトの紹介キャンペーン・登録方法まとめこの記事では、8つの医療情報サイトの登録方法と紹介キャンペーンについて解説しています。まだ医療情報サイトへ登録がお済でない方は、ぜひキャンペーンを利用して登録しましょう。2021年現在、登録だけで1万円相当のポイントが獲得できます。...

≫医療系サイトの登録キャンペーンまとめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA