医師のポイ活

【医師のポイ活攻略】Medical Tribuneポイントの貯め方をすべて解説|月1,000円を稼ごう! 

皆さんは医療情報サイトMedical Tribune(メディカルトリビューン)を利用されていますか。Medical Tribuneは他のサイトと比べると、登録されている先生は少ないかもしれません。

  • Medical Tribuneはどんなサイト?
  • 入会特典を受けるにはどうすればいいの?
  • ポイントは実際にどのくらい稼げるの?

「Medical Tribune」は医療情報の視聴、アンケート回答でポイントがもらえるサイトです。この記事では、Medical Tribuneにお得に会員登録する方法とポイントの貯め方について詳しく解説します。

Dr.うーろん

医師のポイ活で月3万円を貯めているうーろんです。Medical Tribuneでは月1,000円を目指しています。

Medical Tribuneは稼げるコンテンツが少なく、継続的に貯められるポイントは月1,000円程度。ただ作業量もわずかなので、複数のポイントサイトで効率よくポイ活しようと思うなら、登録しておいて損はありません。

記事の要点は次の通りです。

  • 新規登録はキャンペーン利用で1,000円獲得
  • 主なポイント獲得源はWeb講演会視聴
  • IQVIAにも登録しておくとさらに稼げる

以下の記事では詳細に解説しますので、参考にして頂ければ幸いです。

月1,000と言わずもっと稼ぎたい…
複数の医療情報サイトに登録すると効率的なポイ活が可能です。以下の記事でまとめましたので、ご参考ください。

≫ポチポチするだけで月1万円

≫月3万円までのロードマップ

Medical Tribuneの準備

始めにMedical Tribuneでポイ活を始めるために必要な知識・準備について解説します。

すでに登録が済んでいて「ポイントの稼ぎ方が知りたい」という方は、Medical Tribuneポイントの貯め方までどうぞ。

Medical Tribuneは医学新聞とウェブサイトで医療情報を発信

メディカルトリビューン社

出典:medical-tribune.co.jp

株式会社メディカルトリビューンは1967年に創業。医学新聞と会員登録性のWebサイト「Medical Tribune ウェブ」を通じて医療ニュースを発信しています。

医学新聞の方が有名かもしれませんね。私の以前勤務したことのある病院でもMedical Tribuneを購読していました。

製薬企業向けのマーケティング支援も事業の一つです。調査に協力する医師にはポイントとして対価が支払われます。

2019年3月現在の登録医師数は12万人以上全国の医師数が32万人とすると、1/3以上の医師が登録していることになります。

Medical Tribuneのメリット  

日経メディカルOnlineのメリット

Medical Tribuneはコンテンツの絶対量が少なく、稼げるポイントは月1,000円前後と少々物足りません。ただ作業時間はごくわずか。普段の仕事が忙しくてもちょっとしたスキマ時間に取り組めます。

会員登録はもちろん無料。むしろ会員登録だけで1,000円相当のポイントがもらえます。

Medical Tribuneは出版社が運営するサイトだけあって医療ニュースが豊富です。おまけになりますが、ポイント獲得のついでにニュースにも目を通せば知見が広がります。

Medical Tribuneの登録方法

Medical Tribuneの会員登録方法を解説します。トップページから会員登録フォームに移動します。

≫Medical Tribuneトップページへ

Medical Tribuneの登録方法

出典:medical-tribune.co.jp

フォームに沿って以下の情報を入力します。キャンペーンコードの欄に紹介者のコードを入力すれば、1,000円分のポイント獲得です。

Medical Tribune会員登録フォーム

  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • パスワード
  • ニックネーム
  • 医師登録年度
  • 勤務形態
  • 役職(任意)
  • 主たる診療領域
  • 勤務先
  • 所属(診療科)
  • 調査パネル共同利用の同意 ※1
  • キャンペーンコード ※2

※1.調査パネル共同利用に同意するとIQVIAにも登録されることになります。

※2.キャンペーンコードに紹介者のコードを入れると紹介者・登録者ともに1,000p獲得できます。

項目を埋めると登録設定用URLが送られます。

Medical Tribuneの会員登録が完了

出典:medical-tribune.co.jp

URLからMedical Tribuneにログインすれば登録完了です。

Medical Tribuneに限りませんが、医療サイト専用のメールアドレスを作っておくと重宝します。大事なメールが埋もれないよう普段使いのアカウントと分けましょう。

紹介キャンペーンで1,000円獲得

Medical Tribuneのキャンペーンコード

Medical Tribuneでは紹介キャンペーンを実施中。紹介する医師に1,000円、登録する医師に1,000円分のポイントが付与されます。

登録している知人の医師にキャンペーンコードを教えてもらうと良いでしょう。自分のキャンペーンコードはトップページの一番下に載っています。

もし近くに依頼できる医師がいない場合は、キャンペーンコードとして

ZV9IMqAAN

を使って登録して頂くか、下記のボタンを利用して頂ければ、私の紹介という形で1,000pt獲得できますのでご検討ください。

研修医も登録可能|
医師免許証取得後がおすすめ

Medical Tribuneは初期研修医でも登録できます。ただし紹介キャンペーンの適用には医師資格の確認が必要です。

Dr.うーろん

2022年5月頃に運営に確認してみました。

Medical Tribuneへの質問

Q1.研修医になってすぐ(4-5月)でも紹介キャンペーンの適応になるか?

A1.医師免許証が届く前でも登録自体は可能ですが、特典付与や一部コンテンツの解放まで数ヵ月を要する可能性があります。

Medical tribuneの回答より一部を抜粋

医師免許証が手元に届いたタイミングであれば確実です。初期研修医1年目の6月頃には送付されます。

以前は「医師資格の確認を行うと追加で500ptもらえるキャンペーン」もありました。公式の言及はないものの、医師資格未確認の状態でポイントが稼げる可能性もあります。

Medical Tribuneのポイントはpointの1種類

Medical Tribuneのポイント表記はpointの1種類。1point=1円相当とシンプルです。

Medical Tribuneで実際にポイントを稼ごう 

Medical Tribuneポイントの貯め方

登録できたらMedical Tribuneでポイントを稼いでみましょう。ただコンテンツが少ないためたくさんは稼げません。月によってばらつきがありますが、Medical Tribuneで貯まるポイントは月1,000-2,000円と控えめです。

Medical Tribuneのコンテンツ

  • Web講演会
  • アンケート
  • MTQ
  • コメント共感ポイント
  • 記事の「参考になった」ボタン(期間限定)

コスパがいいのはWeb講演会です。

Web講演会の視聴

Medical TribuneのWeb講演会

Medical Tribuneでは、Web講演会視聴+視聴後のアンケート回答で200円獲得できます。他サイトと比較しても優秀です。

参考に各サイトのWeb講演会視聴でもらえるポイントの一覧を挙げておきます。

サイト獲得ポイントアンケート
m3.com22円+α講演会による
CareNet300円あり
Medpeer150円あり
日経メディカルOnline128円なし
Medical Tribune200円あり

最高額はケアネットの300円、次点はMedical Tribuneの200円です。最近追加された「Doctors Prime」と提携しているWeb講演会については、例外的に50円となっています。

Medical TribuneのWeb講演会は次の3ステップでポイントがもらえます。

  1. 予約
  2. 視聴
  3. 視聴後アンケート

Web講演会の予約

Web講演会はお知らせメール内のURLか、マイページから移動して予約します。トップページの自分の名前をクリックするとマイページに移動できます。

Medical Tribuneのマイページ

マイページの上段に開催予定のWeb講演会が並んでいます。クリックすると該当のWeb講演会を予約できます。

Web講演会の視聴

Web講演会の当日に案内メールを受信。メール内のURLまたはマイページのリンクから視聴ページへ移動できます。

視聴するタイミングは講演中ならいつでもOKです。

視聴後アンケート

Web講演会後、アンケートに回答することで初めてポイントがもらえます。視聴後アンケートは数秒で回答できるごく簡単な選択形式です。

Medical Tribuneの視聴後アンケートは、講演会の終了直後には実施されません。後日マイページの中段に未回答のアンケートとして表示されます。

視聴後アンケートの届くタイミングはバラバラ。翌日のこともあれば忘れた頃に届くことも…。回答期限は表示されてから2週間くらい用意されているので、週1回程度マイページを確認していれば大丈夫です。

Dr.うーろん

Web講演会の2週間後にアンケートが届いたこともありました。

アンケートへ回答

Medical Tribuneでも1件数千円のアンケートが募集されます。製薬会社のアンケートもWeb講演会後のアンケートと同様、マイページから確認可能。

ただアンケートの募集頻度も控えめです。

MTQ

1件5-20円のミニアンケートです。2022年2月から始まりました。週に1-2件の頻度で提供されます。

回答は数秒で終わるのでスキマ時間にちょうどいいボリュームです。回答制限があり早期に締め切ると公式に書かれていますが、1週間くらいは猶予がありそうです。

コメント共感ポイント

Medical Tribuneの記事にはコメントを投稿することができます。このコメントに他の医師からの「共感する」が付くと5pt獲得。1ヵ月間の上限は500ptです。

※2022年3月31日までは1件10ptに増量中。

ただ現実的に他の医師からのポイントを獲得するのは難しいです。

Dr.うーろん

せめて「共感する」を押した医師にも1pt付与して欲しいですね。

コメントは匿名でも可能です。実名で投稿すると勤務先も表示されるため注意しましょう。

【期間限定】記事の「参考になった」を押すと2pt

Medical Tribuneの参考になった

期間限定のキャンペーンですが、記事に表示されている「参考になった」のボタンを押すと2ptもらえます。

  • 1日最大5記事(10pt)
  • 獲得ポイントは翌月に付与

ワンクリックで作業が終了するお手軽コンテンツです。

アプリはないがスマホでポイ活可能

Medical Tribuneではポイ活に有用なアプリはありません。ただしポイントの稼げるコンテンツはWeb講演会と簡単なアンケート回答なので、スマホでも十分ポイ活可能です。

Dr.うーろん

スマホでポイ活すマイページのショートカットを作っておくと便利です。

ショートカットの作り方など、スマホでのポイ活についてこちらの記事でまとめて紹介しています。

≫スマホで医師のポイ活|おすすめアプリ紹介

2021年11月に稼いだポイントは1,400円

Medical Tribuneで実際に稼いだポイントを報告します。

Medical Tribuneの獲得ポイント

出典:medical-tribune.co.jp

私が1ヶ月間で貯めたポイントは1,400ptになります。すべてWeb講演会で稼いだポイントです。

11月は比較的Web講演会が多く、Medical Tribuneでは稼げた方です。最新の獲得状況は下記記事もご覧ください。

医師のポイントサイトランキング
【2022年8月】最も稼げたポイントサイトは?医療情報サイトを比較|医師のお小遣い 皆さんは医療情報サイトを利用されていますか。 一番稼げる医療情報サイトはどのサイト? 診療科によって内容が変化、他科の...

≫医師のポイ活ポイント獲得状況

IQVIAにも登録して稼ごう

Medical Tribune会員登録フォームの「調査パネル共同利用の同意」という項目。ここの「承諾する」にチェックをいれると、IQVIAソリューションズ・ジャパン株式会社にも登録されます。

IQVIAは臨床試験支援や医療マーケティング支援を担うグローバル企業。IQVIAソリューションズ・ジャパン株式会社はその日本法人です。

m3.comや日経メディカルなど他の医療サイトのアンケートにも、IQVIAからの依頼がものが少なくありません。

Medical Tribune経由でIQVIAに登録しておくと、郵送でアンケート調査が送られてくるようになります。

私も登録していますが、「日本ディーテイリング統計」というアンケートが1年に2-3回職場の住所宛てに届きます。私の職場が頻繁に変わるということも原因かと思いますが、送付されない年もありました。

詳細は掲載できませんが、このアンケートでは手書きの用紙に最近情報を入手した薬剤を記入するというものでした。記入数に応じて最大3,500円分の図書券もしくはAmazonギフト券コードがもらえます。

Dr.うーろん

日本ディーテイリング統計以外にも種類があるようです。Medical Tribuneだけでは物足りないという方は、IQVIAにも登録しましょう。

会員登録時に「調査パネル共同利用の同意」を「承諾しない」にチェックした方も安心してください。登録後も「登録情報の確認・変更」から変更できます。

ポイントを稼いだら

Medical Tribuneポイントが貯まってきたら、ポイントを交換しましょう。

Medical Tribuneの保有ポイント

マイページでは保有ポイントが表示され、ここからポイント交換ページに移動します。画面上部に表示される保有ポイントを押してもOKです。

≫ポイント交換ページ

ポイント交換時に生年月日による認証が必要になりました。

5つのポイント交換先

出典:medical-tribune.co.jp

Medical Tribuneのポイント交換先は全部で5つ。100pointから交換可能です。

  • Amazonギフト券
  • EdyギフトID
  • nanacoギフト
  • Pontaギフト券
  • 図書カードNEXT

「普段とくに使っている電子マネーはない」という方には、Pontaポイントをおすすめします。

おすすめの交換先はPonta

5つの交換先の中ではPontaポイントがおすすめ。PontaはauPAYにチャージできるため、現金と同じように使えます。

Pontaの使い道
【2022年】Pontaポイントの使い道|完全攻略ガイド Pontaポイントが貯まったけど、お得な活用方法はないかな?Pontaポイントを普段の生活で消化したい!Pontaを現金化する方法は...

≫Pontaの利用法の詳細はこちら

Pontaポイントの使い道

  • 実店舗で使う(auPAY含む)
  • ECサイトで利用する
  • 投資に利用する
  • 他のポイントに交換する
  • 現金化する

Pontaポイントはローソンでお得に使える「ポン活(ローソン公式サイト)」も有名ですね。病院内にローソンがある先生も多いのではないでしょうか。

一番お得なPonta利用法はauPAYふるさと納税での利用です。お得なポイント交換所でauPAYマーケット限定Pontaに交換するとPontaの価値が1.5倍になります。

利用可能額が引き下げられつつあり、今後はなくなってしまうかもしれません。利用できるときに利用しておきましょう。

≫Ponta⇒auPAYふるさと納税の方法

Amazonギフト券も選択肢

2021年12月に、ケアネット・メドピアでそれぞれ交換先が追加となりました。

他の医療情報サイトでの交換状況によっては、「逆にAmazonギフト券が貴重」になる可能性もあります。

Amazonギフト券をさらにお得に利用する方法についてはこちらの2記事もご覧ください。

≫Amazonギフト券の利用法

≫【Amazonセール攻略】ギフト券がお得に使えるキャンペーンを解説

ポイントの期限は最終獲得から1年

Medical Tribuneのポイントの有効期間は最終取得日の翌年同月末です。ポイントを獲得し続けていれば、ポイントが失効することはありません。

まとめ

Medical Tribuneのポイントの貯め方について解説しました。

  • 紹介キャンペーンを利用して登録すると1,000円獲得
  • 稼げるコンテンツは少ないがコスパ良好
  • IQVIAにも登録してアンケートに回答しよう

医療情報サイト「Medical Tribune」は、簡単な作業で月1,000円分のポイントがもらえます。コスパがいいと言ってもちょっと寂しい額ですね。

8つのポイントサイトを駆使すれば月3万円を達成することも可能です。コスパはそのままに、より多くのポイントを稼げます。

おすすめの医療情報サイトのタイトル
【2022年9月】医師のポイ活で月3万円|おすすめの医療サイト8選医師のポイントサイトに興味があるけど、「手間がかかって面倒そう」と登録後に放置していませんか。医師のポイントサイトは一般的なポイ活より稼ぎやすくできており、コツさえ知って、月に3万円稼げます。この記事では医師のポイ活を始める上でおすすめの8つのサイトを紹介しています。...

≫おすすめのサイト8選|すべてに登録して月3万円獲得!

「毎日忙しくてポイ活ができない!」という方へは、スキマ時間で取り組める簡単コンテンツのみをこちらの記事でまとめてみました。

≫コスパ重視のコンテンツを厳選|ポチポチするだけで月1万円!

以上、皆さんのポイ活に役立てて頂ければ幸いです。