医師のポイ活

【医師のポイ活攻略】日経メディカルのポイントの貯め方をすべて解説|月5,000円を稼ごう! 

皆さんは医療情報サイト「日経メディカルOnline」をご存知ですか。他の医療系サイトと比べると、登録されている先生は少ないかもしれません。

  • 日経メディカルOnlineはどんなサイト?
  • 日経メディカルOnlineはどれくらいポイントが貯まるの?
  • ポイ活に興味があるけど面倒なことは無理!

こんな方に向けて「日経メディカルOnlineポイントの貯め方」について徹底解説します。

Dr.うーろん

医師のポイ活で月3万円を貯めているうーろんです。日経メディカルでは月5,000円を目指しています。

日経メディカルOnlineは、医療情報を見ることによってポイントがもらえるサイトです。作業はごく簡単。コスパがよく医師のポイ活には欠かせません。

サイトの特徴から会員登録方法から詳細に解説しています。日経メディカルOnlineの概要は以下の通りです。

  • eディテールはいつでも視聴可能
  • Web講演会が頻繁に開催(業界最多)
  • 余裕があればアンケートにも回答

この記事の内容を実践して頂ければ、日経メディカルOnlineで効率よくポイントが貯められるようになるはずです。

月5,000と言わずもっと稼ぎたい…
日経メディカルOnlineだけでなく複数の医療情報サイトに登録すると、さらに効率的なポイ活が可能です。以下の記事でまとめましたので、ご参考ください。

≫ポチポチするだけで月1万円

≫月3万円までのロードマップ

日経メディカルで稼ぐ準備

日経メディカルOnlineでポイ活を始めるために必要な予備知識・準備について解説します。

すでに会員登録が済んでいて「ポイントの稼ぎ方を知りたい」という方は、お手数ですが日経メディカルOnlineポイントの貯め方まで移動してください。

株式会社日経BPの運営する医療情報サイト

日経メディカルOnlineの会員数

出典:medical.nikkeibp.co.jp

日経メディカルOnlineは株式会社日経BPが提供する医療従事者専用サイトです。日常診療に活用できる医療情報の発信や、医療従事者のキャリア支援にも注力しています。

株式会社日経BPは日本経済新聞社を親会社にもつ出版社。日経ビジネスを始め多くの情報雑誌を手掛けています。

2022年4月現在、日経メディカルonlineの医師会員は20万人以上
現在の日本の医師数を32万人とすると、半数以上の医師が登録していることにになります。

日経メディカルOnlineのメリット

日経メディカルOnlineに登録するメリットを3つ紹介します。

  • 簡単にポイントが稼げる
  • 月5,000のお小遣い
  • 医療情報の収集

日経メディカルOnlineはコンテンツの視聴・アンケート回答でポイントを稼ぐタイプのサイトです。m3.com、メドピア、ケアネット、Medical tribuneもこのタイプに該当します。

他のサイトと比較しても、日経メディカルOnlineは最もポイントを稼ぎやすいと言えます。作業は動画を視聴してクリックするだけです。

Dr.うーろん

多忙な医師でもちょっとしたスキマ時間に取り組めます。

日経メディカルOnlineの会員登録はもちろん無料。毎月のお小遣いが月5,000円増えます。「月5,000円なんて当直バイトを1回入れた方がマシ」という声も聞こえてきそうですが、バイト中でもできるくらい簡単です。

あとはおまけですが、普段使用している薬剤の情報も得ながらポイ活ができます。出版社が運営するサイトだけあって、医療者が執筆した連載やコラムも豊富です。

会員登録の方法

新規に会員登録する方法を解説します。日経メディカルOnlineの会員登録ページから登録可能です。

日経メディカルの登録方法

出典:medical.nikkeibp.co.jp

画面右上の会員登録フォームにメールアドレスと職業を入力して申し込むと、確認メールが届きます。メール内のURLから会員登録フォームに移動します。

日経メディカルの会員登録フォーム

  • 勤務医/開業医の選択
  • ユーザーID(登録したメールアドレスが自動で入ります)
  • パスワード
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 勤務先(住所、電話番号、病床数)
  • 診療科目(3つ選べます)
  • 専門医、所属学会(任意)
  • 卒業大学、卒業年
  • 日経メディカルOncologyメールを購読(はい/いいえ)
  • 日経BPグループ各社からの各種案内の送付(はい/いいえ)
  • 日経BPグループ各社以外からの製品やサービス情報の送付(はい/いいえ)

診療科目によって、届くアンケートや動画コンテンツの内容が若干異なるようです。自身の専門とする診療科を選びましょう。

メインでポイントを稼いでいく「eディテール」「Web講演会」については、選択した診療科以外のテーマのものも届きます。

Dr.うーろん

私は専門を泌尿器科としていますが、糖尿病や高血圧症など内科疾患のコンテンツもたくさん届きます。

登録が終わるとアカウントが作られ、「仮登録」の状態でログインできます。ほとんどのコンテンツが利用できず、ポイントもほぼ稼げません。唯一ミニアンケートの回答はできます。

日経BPにより医師資格の確認が済むと「本登録」となりポイントが稼げるようになります。確認にかかる期間はおよそ1-2週間です。

日経メディカルに限りませんが、登録すると大量のメールが届くようになります。医療情報サイト専用のメールアドレスを一つ用意しておくと便利です。

紹介キャンペーンはない

日経メディカルOnlineでは、残念ながら紹介キャンペーンや新規登録による特典がありません。キャンペーンが開催を待つ必要はないので、自分の始めたいタイミングで登録しましょう。

登録だけでポイントがもらえる医療情報サイトは下記記事もご参考ください。登録だけで12,000円分のポイントがもらえます。

医師のポイ活 紹介キャンペーン
【2022年9月】医師のポイントサイトの紹介キャンペーン・登録方法まとめこの記事では、8つの医療情報サイトの登録方法と紹介キャンペーンについて解説しています。まだ医療情報サイトへ登録がお済でない方は、ぜひキャンペーンを利用して登録しましょう。2021年現在、登録だけで1万円相当のポイントが獲得できます。...

≫医療情報サイトの紹介キャンペーンまとめ

研修医も登録可能

初期研修医も登録できます。その他薬剤師、看護師、コメディカル、学生も対象。ただしポイントを稼ぐには「本登録」が完了した医師会員が条件です。

日経メディカルOnlineはとくに医師免許証のコピーを送らずとも医師資格の確認が済むので、おそらく厚生省の医師等資格確認検索ページを利用していると考えられます。

Dr.うーろん

初期研修1年目になったばかりの方は、上記検索ページで自身の情報が出てくれば「本登録」されるでしょう。

心配であれば、6月頃に医師免許が届いてから登録すると確実です。

ポイントはExpとptの2種類

日経メディカルOnlineのポイントはExp(Experience)pt(point)の2つです。動画視聴で得られるポイントはExp、アンケートで得られるポイントはptで付与されます。

  • 2.5Exp=1pt=1円に相当
  • Expは自動的にptへと交換
  • 500ptから交換可能

非常に残念ですが、2022年5月12日よりExp⇒ptの交換レートが20%減に改悪されてしまいました。以前は500Expで250ptに交換でしたが、変更後は200ptとなります。

日経メディカルOnlineのポイント

アンケートはptで付与されるので影響がありませんが、動画視聴で得られるポイントの8割低下は痛い変更です。

実際にポイントを稼ごう

会員登録が済んだら、日経メディカルOnlineで実際にポイントを稼いでみましょう。日経メディカルOnlineで効率よくポイントを稼げるコンテンツは次の3つです。

  • Web講演会の視聴
  • eディテールの視聴
  • アンケート回答

とくにWeb講演会eディテールは、ワンクリックでポイントが獲得できるおすすめのコンテンツです。

Dr.うーろん

動画視聴のコンテンツだけでも月5,000円前後のポイントになります。

効率が落ちるので私もあまり取り組んではいませんが、日経メディカルOnlineでポイントが貯まるコンテンツは他にもあります。

  • 1日1問医師国家試験
  • 1日1問薬剤師国家試験
  • 日経メディカルLounge

それぞれのコンテンツについて解説します。

Web講演会の視聴

日経メディカルOnlineのWeb講演会へ移動

トップページ画面上部の「Web講演会」をクリックすると、視聴可能なWeb講演会の一覧に移動します。

また登録しているメールにもWeb講演会の案内が届きます。このメールからWeb講演会のページへ移動することも可能です。

該当のWeb講演会のページを開くと、視聴申し込みの画面に移動します。事前に予約をすることになっていますが、講演会の途中でも申し込めます。予約を忘れて既に講演会が始まっていても途中参加可能です。

日経メディカルOnlineのWeb講演会

出典:medical.nikkeibp.co.jp

開始時刻になると、「視聴画面へ」のボタンから移動して講演会を視聴できます。

動画の横に「視聴完了(Expを取得します)」という黒いボタンに気づくでしょう。このボタンは、講演会終了時刻の10分前になると赤くなってクリックできるようになります。

クリックすると「Exp取得完了しました」に変わり、320Exp獲得できます。

Dr.うーろん

終了時刻の10分前にアラームを設定すれば、うっかり忘れてしまったときも安心です。

講演会の中にはポイントのつかないものもあります。

ポイントのつかない日経メディカルの動画

ポイントがつくかどうかは、320Expの表記の有無で確認できます。

eディテールの視聴

「eディテール」は5分程度の短い動画コンテンツです。

日経メディカルOnlineのeディテールに移動

出典:medical.nikkeibp.co.jp

トップページ画面上部の「オンデマンド」をクリックすると、視聴可能なeディテールの一覧に移動します。

eディテールを最後まで視聴すると、「視聴を完了しました」の赤いボタンが出現します。Web講演会と同様、赤いボタンを押して「Expを進呈しました」に変われば320Exp獲得です。

※動画のシークバーは自由に動かせます。シークバーが右端に達すると視聴完了と見なされます。

その後自動的にアンケートページに切り替わります。視聴後アンケートは簡単な選択形式です。アンケート回答はポイントの獲得に必須ではありません。

eディテールは掲載期間中いつでも視聴できるので、時間に左右されずに参加できます。掲載期間は長く週1回確認すれば十分でしょう。

Dr.うーろん

空き時間にいつでもできるので、一番おすすめのコンテンツです。

eディテールにもポイントのつかないものがあります。Web講演会同様、320Expの表記の有無で確認できます。

アンケートへ回答

日経メディカルOnlineでもアンケートの募集があります。

日経メディカルOnlineのアンケートへ移動

出典:medical.nikkeibp.co.jp

トップページ画面上部の「調査」をクリックすると、回答可能なアンケートが並ぶ画面に移動します。

出典:medical.nikkeibp.co.jp

アンケートは不定期に届き、2つのタイプがあります。

1件10ptのミニ調査 
数秒で簡単に回答できます。
1000~3000pt程度の高単価のアンケート
ある程度時間を費やします。時間に余裕があれば挑戦しましょう。

頻度はやや少なく、早期に募集終了となることが多いです。募集がかかったらすぐに取り組むことをおすすめします。

1日1問医師国家試験

医師のポイ活のクイズコンテンツ

画面右上のサービス一覧から移動できます。過去の医師国家試験から1日1問ピックアップされた問題を解答します。

解答すると1pt獲得です。間違えてもポイントはもらえます。過去の成績は正答率として表示されます。

1日1問薬剤師国家試験

薬剤師向けのコンテンツですが医師も参加できます。1日1問医師国家試験と同様、正誤にかかわらず1ptもらえます。

LoungeはMRとのコミュニケーションツール

出典:medical.nikkeibp.co.jp

Loungeは日経メディカルOnlineを介して、登録する製薬会社や医療機器メーカーのMRに直接問い合わせができる機能です。

MRに対しメッセージを送ると、1日1社につき50Expもらえます。

アプリはなし、スマホでもポイ活可能

日経メディカルOnlineにポイ活に有用なアプリはありません。

日経メディカルOnlineで稼ぐメインコンテンツは動画視聴になるので、スマホでも十分ポイ活可能です。スマホの通信環境が悪いと視聴画面が上手く開けない可能性はあります。

Dr.うーろん

スマホでポイ活するなら、日経メディカルOnlineのマイページをショートカットにしておくと便利です。

ショートカットの作り方など、スマホでのポイ活については以下の記事でまとめて紹介しています。

≫スマホで簡単!医師のポイ活おすすめアプリ紹介

2021年11月に稼いだポイントは8,890円

私が1ヶ月間で貯めたポイントは8,890円分になります。

NMOコンテンツ2021年11月
Web講演会視聴6,880円
eディテール1,920円
アンケート90円

アンケートはミニ調査の90ptだけですので、ほぼ動画コンテンツのみで稼げました。11月はWeb講演会が43件、eディテールが12件あった計算です。

毎月稼いだポイントの集計結果は下記記事もご参考ください。

医師のポイントサイトランキング
【2022年8月】最も稼げたポイントサイトは?医療情報サイトを比較|医師のお小遣い 皆さんは医療情報サイトを利用されていますか。 一番稼げる医療情報サイトはどのサイト? 診療科によって内容が変化、他科の...

≫医師のポイ活のポイント獲得状況

ポイントを稼いだら

日経メディカルOnlineでポイントが貯まってきたら、交換してみましょう。「マイページ」の「ポイントの交換」から移動できます。下記リンクもご利用ください。

≫日経メディカルのポイント交換(公式)

ポイント交換するには、ID・パスワード・生年月日の入力が必要です。

2022年6月末に日経メディカルOnlineが外部からサイバー攻撃を受けました。これに伴いポイント交換ページは現在封鎖されています。

ポイントの交換先

日経メディカルOnlineには次の5つの交換先が用意されています。

日経メディカルのポイント交換先

  • Amazonギフト券
  • EdyギフトID
  • Nanacoギフト
  • WAONポイントID
  • 日本赤十字社への寄付

最低500ポイントから交換可能です。交換にはおよそ1ヶ月間を要します。

他のサイトでの交換状況にもよりますが、日経メディカルではAmazonギフト券への交換をおすすめしています。

2021年12月にケアネットメドピアの交換先が追加され、Amazonギフト券ばかり貯まるという状況が解消されつつあります。

もちろん普段利用している電子マネーがあれば、そちらを優先しましょう。

Dr.うーろん

コンビニの利用が多い方には、ほとんどのコンビニに対応している楽天Edyがおすすめです。

Amazonギフト券の利用法

Amazonは商品ラインアップが豊富でギフト券の使い道に悩むことはありません。Amazonギフト券をさらにお得に利用する方法については、下記2記事もご参考ください。

≫Amazonギフト券の利用法

≫【Amazonセール攻略】ギフト券がお得に使えるキャンペーンを解説

2022年5月12日、Amazonギフト券のAmazon Pay利用で1%還元(プライム会員限定)の発表がありました。Amazon Payは「ふるなび」「ふるさとチョイス」でも利用可能なので、ふるさと納税に充ててさらにポイント還元も受けられます。

JALマイラーはWAONも選択肢

WAONポイントはWOAN POINTとは別物になるので注意が必要です。基本的にWAONチャージにしか利用できません。

≫WAONポイントについて

もしJALマイルを貯めているなら、JMB WAONで請求書支払いに利用するのもありです。税金など高額の請求書支払いに対して、最大1%がJALマイルとして還元されます。

興味のある方はこちらの記事もご参考ください。

WAONで納税
【請求書支払いでポイ活】WAONで税金をお得に支払う方法を解説 請求書の支払いを利用してJALマイルを貯めたい!WAONカードでJALマイルが貯められるって本当?WAONで納税するときに注意するこ...

≫WAONで納税する方法

ポイントの期限は翌々年の6月30日

日経メディカルのポイントの期限は翌々年の6月30日です。

ケアネットやMedical Tribuneのようにポイント獲得による期限延長がないため、失効には十分に注意しましょう。

せっかくコツコツ貯めたポイントが一瞬で無くなってしまうのはとても悲しいものです(実体験あり)。

まとめ

日経メディカルOnlineのサイトの概要について解説しました。

  • 日経メディカルOnlineは紹介キャンペーンなし
  • eディテールでWeb講演会で簡単に稼げる
  • アンケートは高単価も募集頻度が少ない
  • おすすめのポイント交換先はAmazonギフト券

医療情報サイト「日経メディカルOnline」は、簡単な作業で月5,000円分のポイントがもらえます。ただし1万円以上を稼ぐとなるとなかなかハードです。

Dr.うーろん

もっと稼ぎたいなら、複数の医療情報サイトの攻略しましょう。

医師のポイ活におすすめの8つの医療情報サイトは下記記事で解説しています。

おすすめの医療情報サイトのタイトル
【2022年9月】医師のポイ活で月3万円|おすすめの医療サイト8選医師のポイントサイトに興味があるけど、「手間がかかって面倒そう」と登録後に放置していませんか。医師のポイントサイトは一般的なポイ活より稼ぎやすくできており、コツさえ知って、月に3万円稼げます。この記事では医師のポイ活を始める上でおすすめの8つのサイトを紹介しています。...

≫おすすめのサイト8選|すべてに登録して月3万円獲得!

「毎日忙しくてポイ活ができない!」という方は、スキマ時間で取り組める簡単コンテンツだけをまとめてみましたので、ご参考ください。

≫コスパ重視のコンテンツを厳選|ポチポチするだけで月1万円!

以上、皆さんのポイ活に役立てて頂ければ幸いです。